<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大きな選択

先週、大きな選択を迫られた。

最初は1週間だけという話から始まって、延長延長でここ数週間働いていたA社。
毎週延長されていたものの、なんとなく先が読めなかったので、
他の会社(B社)に移ることにした(カジュアルだけど)。
そうしたら、なんA社からフルタイムのオファーが!!

B社には翌週からいくことにしていたので、悩む時間は実質1晩。
久々に、「眠れない夜」をすごした。
いつもは2秒で眠れる私でも、眠れなくなることがあるのだ。

ミドルクラスのプロジェクトマネージャーというポジション。
お給料も、大体予想通り。パーマネントという安定感。
今かなりホットな土壌汚染の分野を経験できるから、今後の転職にも有利だろう。
魅力的だ。

ただ、「環境コンサル」という業界は同じだけど、
自分がやりたいと思っていた分野とは少しずれてしまう。
そこが自分にはひっかかった。
土壌汚染にも興味がある。
だけど、ミソジーズの会員となった今、
一旦はじめたら、多分この先専門を変えるのは難しくなってくるだろうし、
自分自身、そろそろ確かな専門を確立したい。

一方「期限付き」のカジュアルで行こうとしているB社は、
期限終了後、どうなるかはまだ全然分からない。
また振り出しに戻る危険性もある。
しかも、A社の仕事は、技術を習得すればなんとかなる分野なのに対して、
B社でやろうとしている仕事は、かなりの語学力が要求される。
話せて何ぼの世界だ。それでやっていけるのだろうか・・・自分でもわからない。
どんな会社かも行ってみないと分からない。もしかしたら嫌かもしれない。

ただ、そこには私が将来取りたいと思う資格を持って、
やりたいと思っていることをやっている人がいる。
それが一番の魅力。

いろいろいろいろ考えた。考えれば考えるほどシンプルに考えられなくなっていく。

これまでかなり大胆なことばっかりしているといわれてきた私。
だけど、一応ミソジーズの会員となった今では、
「安定」という文字に惹かれてしまうのは否めない。

だけど、結局B社への冒険を選んでしまった。

「ここまでこだわってきたんだから、もうちょっと頑張ってみれば」
「ここで妥協したら、多分後悔するよ」
「なんのためにオーストラリアまで来たの?」
というHiroの言葉に背中を押された。
確かに、前に日系企業からお誘いを受けたときもかなり揺れたけど、
もうちょっと就職活動を続けることを選んだ。
ここまで、きたらもうちょっと頑張るかぁ~。

けれど翌日、Rent Houseのインスペクションに行って、
「カジュアルだとちょっとねぇ~」と不動産屋に言われ、
早くも後悔しかける弱い私・・・
でももう後には引けない。
この期限付きの期間を頑張ってみるしかない。

でも、Hiroが先に仕事をやっていてくれなかったら、
私はきっと「安定」を選んだだろう。ありがとう。
あとで、振り返って「これでよかった」と思えるようにできるといいな。
[PR]
by lakemackenzie | 2007-07-22 14:51 | メルボルン生活

思いがけず現場デビュー!?

Rinです。ここのところ、数週間とある環境コンサル会社で臨時で働いていました。
普段はプレゼン資料作ったりと内業なのですが、いきなり今週、現場に出ることに!

現場には、最初に勤めた会社ぶりだったので、かなり久々です。
しかも、その1番最初の現場は、自分の専門とはちょっと違う土壌汚染関係の調査でした。
そして、今回のオーストラリアで初の現場も、土壌地下水汚染調査。
うーん、なんだか不思議なめぐり合わせを感じつつ、現場へ出陣。

結局、自分の直の専門ではないので、完璧な比較はできませんが、
感じたのは・・・

 ・ Safety Inductionがかなりしっかりしている
   (とある会社の工場敷地で作業をするのに、スライドショーを見た後、
    なんとテストまでありました)
 ・ Safety gearにメガネも含まれている。そして安全靴、結構おしゃれ。
   (マトリックスサングラスのような形なので、鼻が低い民族にはちょっとつらい)
 ・ ボーリング屋さん、機長もかなり若め
   (2組しか見てないけど、そして結構イケメン)
 ・ ボーリングマシーン、かなり最新
   (一緒に行った人は、三又みたことないらしいです)

って、専門関係ないどうでもよいこと、ばっかり(笑
あまり誰の参考にもならない情報・・・

2つ目の現場では、アクシデント発生したり、
寒空の中での作業はやっぱりつらいなぁと思いましたが、色々とお勉強になりました。

現場とは関係ないですが、こちらのコンサルは、日本のコンサルよりも
女性が働きやすいような気がします。
日本ほどはないとは言え忙しいのは忙しいですが、技術職の女性の数は、
日本と比較すると多めだと思うし、色んな働き方があるから、
比較的続けやすいかなと感じました。
とはいえ、今回の土壌汚染関係なんかの調査だとやっぱり体力いるというか、
男の世界だなぁと思うところは両国共通。
専門にもよるというところは、仕方ないですよね。
でも、日本のように「トンネルは女人禁制」なんていう人はいないと思う(笑

あと、仕事上で、社外の人とコミュニケーションをとるには、
まだまだ英語力不足を感じました。
英語力もそうだけど、会話力というのでしょうか。
パーティなんかと違って、一応仕事中だし、話題もなんでもよいってわけでじゃないし、
特にラフな感じの男性に話題をふれるほど、こっちのことも知らないし。
課題は沢山ですね。頑張ります。
[PR]
by lakemackenzie | 2007-07-19 10:48 | メルボルン生活

初、AFL!

メルボルンに移住したからには、AFLを語れないと、と思いオージーの友達に
お願いしてAFL観戦に連れていってもらいました。

以前からなんでオージーはこんなにスポーツ(特にAFL)が好きなんやろうって
思ってたし、会社の同僚からは「AFLはテレビで観たらあかん!スタジアムへ行け!」
っていわれたから、一度、生で観戦したかった。

自分達が乗ったスタジアムへ向かう列車は両チームのサポーターでいっぱい。
小雨がぱらついているし、シーズンの終盤でもなく、それほど好カードの試合でも
ないのに、なんなんやろうか、この熱狂ぶりは。

スタジアムにつき、中に入ると、グラウンドが近いことに驚いた。そのグラウンドで練習
する選手達と熱狂的なサポーターにつられて、自分達もだんだん盛り上がってきた。

実際、試合が始まると、これが面白い!テレビで観るより全然面白い!

目の前でプレーするし、ルールもわかりやすい。しかも、相手チームサポーターのヤジ
がうるさいのが試合を盛り上げてくれてた。

雨が降ったのと、応援したチームが負けたのが残念やったけど、なかなか面白かった。
生で観れてよかった。機会があれば、また観たいと思う。

(でも、AFLファンには申し訳ないがサッカーのほうが面白いと思うし、AFLの選手はキック
が下手やなーって思った。)

a0055479_231291.jpg

[PR]
by lakemackenzie | 2007-07-10 23:13 | メルボルン生活