<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

マルチカルチャーの中でのアイデンティティの確立

とてっも面白い本を見つけました。
「Looking for Alibrandi」
Hiroの学校の教科書だったのですが、
読み始めたらあまりに面白いので、横取りしてしまいました。

ちなみに2005年に出版されて評価された本で、
本屋ではヤングアダルトのコーナーにあります。
・・・・が、あまりによかったので、図書館でDVDも借りてきてみたら、
こちらはかなりcrapだったので、本の感動がちょっと薄れて残念。

シドニーを舞台としたイタリア移民3世の女子高校生お話なのですが、
この女の子が高校最後の1年間を通じて、
自分のアイデンティティへの混乱と悩みに折り合いをつけていくという内容です。
移民の目から見たオーストラリアが描かれていて、共感したり、納得したり、驚いたり。
移民2世や3世のアイデンティティの確立の仕方を垣間見た気がしたのと、
あらためて本当の意味で新しい文化と国に溶け込むことの難しさを知りました。
(英語学校の教材としては、確かにぴったりだなぁ~と感心)

しかも、日本人ではなくイタリア系オーストラリア人から見ているところがまた新鮮。
アジア人とひとくくりにされがちな日本人と中国人の文化が大きく異なるように、
オージーと同じように西洋人とくくられる国から来た人もまた、
私達と同じように悩んだり、考えたりしながらこの国に溶け込んでいっているんだなと
という当たり前のことに改めて気づかされました。

マルチカルチャーって、色んな国から来た人がいればできあがるっていうような
そんな簡単なことじゃないんだなぁ・・・と思います。
「社会に溶け込むこと」と「自分のバックグランドを大切にすること」の両立。
移民1世になる私達よりも、2世や3世になる子供達の方が、
もっと悩むのかもしれませんね。

・・・となんだか小難しいことばかり書いたけど、普通に読み物として面白いですよ。
移民だけでなく、オーストラリアに住んでいる人みんなで読んで話をしてみたいです。
[PR]
by lakemackenzie | 2007-03-26 14:15 | Rinの落書き

Yummy Greek!

先日、ブリスベンからお友達夫婦がやってきました。
結構先輩なので、お友達と言ってよいのかわかりませんが、
昔の同僚で、不思議な縁がある先輩です。
出会いも不思議だったのですが、
彼女が旦那様の転勤でオーストラリアに行くことになったときは、
本当にびっくりしました。さらに、またまた私達がこっちにきて1ヶ月で、
旦那様の出張がメルボルンになって会えることになったのも驚きです。

私達もまだ旅行者程度の知識しかないし、どこに行こうかなぁ~と迷った挙句、
夜に行ってみたいなぁ~と思っていたSouth Yarraに出かけました。

・・・と言っても、どの店も知らない私達。
食通な友達の旦那様の直感を頼りに、歩きながら店を決めました。
で、入ったのが、The Greek Deli+Tavernaというギリシャ料理店。

Fully Licensedなのですが、ワインのみはBYOできるとのことで、
近くの酒屋さんでワインを購入して、お店に。

ギリシャ料理って、本格的に食べるのって初めてだったのですが、
シーフードが多いせいか、日本人好みの味付けが多い気がしました。
中でもおいしかったのが、前菜のGreek Dipについてきた、ディップの中の一つ。
タラコマヨネーズのような味で、明太子が恋しかった私は大満足でした♪

あと、おいしいワインを教えてもらいました。
私は白は普段あまり飲まないのですが、その日選んでもらった、
NZのマルボロとかいうところのソービニヨンブランがとってもおいしくてびっくり!
その友達の旦那様曰く、その土地のソービニヨンブランは、安くてもハズレがないそうです。

お値段はちょっと私達にはよすぎたけれど、
おいしいものを食べて、楽しくお話できて、とってもよい時間をすごすことができました。
引越をしてから、人に会う機会が少なくなっていたので、
やっぱりお友達と過ごす時間って大切だなぁ~と思いました。
[PR]
by lakemackenzie | 2007-03-18 16:18 | メルボルン生活

新居生活スタート!

先週末に引越が完了して、一週間ほど経ちました。
シティからは少し離れてるけど、海にも近く、環境もよく、住み心地はいいです。
これで車が届けば完璧ですね。

家の中は大体、片付いてきたんで、今日は家の周りの庭、花壇の雑草を除去しようってことで午前中、二人で無心になってがんばったのですが、花壇の一部の雑草をとるのがやっとでした。なかなか手強い。まあ、少しずつ少しずつですね。

午後は海辺の隣町まで行って海を見て、買い物をすることに。
せっかくだから散歩でもってことで歩いてみると、

と、遠い・・・

以前に車で行ったときはすぐ海だって思ってたけど、歩くと結構ありました。
午前中にめいいっぱい力仕事した後だったので、
町に着いたら二人とも疲れてて、買い物してバスでさっさと帰ろうってことに。
買い物を終えてバス停に行ったらバスは土曜日なんで本数少なく、
40分も待たないといけないことが分かり、無謀にも再び歩くことにしました。

結局、往復を歩くことになり、家に着いたときには二人ともバテバテ。
そして勝手に新居祝いとか言いながらワイン飲んでバタンキュゥ。

車よー 早く車検終わってくれー!
[PR]
by lakemackenzie | 2007-03-18 01:58 | メルボルン生活

面白カルチャーショック?

家が決まって少し気持ちに余裕が出てきたので、
ちょっくら観光でもするか・・・ってことでVictorian Marketに行って来ました。

a0055479_9321947.jpg
せっかくの観光だから写真撮ろう♪って張り切ってカメラ持っていったのに、食料品の買い物に夢中になり、撮ったのこの一枚・・・(^^;





この日は、もう一つCityに出た目的がありました。
近々母の誕生日だから、何かプレゼントを贈ろう!
でも、二人ともまだあまり市内のどこに何の店があるのか分かっていないので、
ぐるぐるぐるぐる歩き回って(生肉持ちながら!)、
疲れ果ててCentralに戻ってきてしまいました。

そこで見つけたのが「T2」というお茶のお店。
Black tea以外のお茶も揃っていて、おいしい試飲コーナーもあり。
お姉さんも美人で優しいし♪

ご機嫌で店内をぐるぐるまわり、
色々と迷った挙句、ティーカップとお茶を購入しました。

お姉さん: 「プレゼント用のラッピングする?」
私: 「お願いしまっす」

・・・とお姉さん、なにやら中華系新聞を取り出す。
むむ?クッションにでもするんかいな?
これまでオーストラリアのラッピング技術には何度も驚かされてきたので、
どんな仕上がりになるのか楽しみ~(怖い~)と思いならが、試飲しながら待つこと5分。

・・・そして・・・・
自信満々のお姉さんがにっこり差し出してくれたのが、この物体!!!
a0055479_9324375.jpg

お茶=漢字? 
漢字=ふぁっしょなぶる???
誰だかわからないけど、どこぞやの政治家のおっちゃんのお顔も透けて見えます。
しげしげと眺めながら色々と考えた挙句、はは~ん、やっと答えが出ました。

日本では「英字新聞=おしゃれ」とみなされ、ラッピングに使っているのを良く見かけますが、あれの逆バージョンってことですか!
これが今ホットなお店がやっている、最高にふぁっしょなぶるなラッピングってわけですね!!!
確かに、今までのどの店の店員さんにやってもらったよりも、おしゃれチック(あくまでチック・・・ですが)な仕上がり。

普段は気づきもしませんでしたが、逆から見ると、
新聞をラッピングに使うって、本当に奇妙ですね~。
何度も眺めながら、爆笑した楽しいカルチャーショックでした。
[PR]
by lakemackenzie | 2007-03-06 09:40 | メルボルン生活

海でほっと一息

メルボルンライフのkazuさんが海に連れて行ってくれました。

a0055479_14181056.jpg
kazuさんは、ブログの文章そのままのとっても優しいお姉様。
それに、すっごい努力家で、沢山お話をきかせてもらって刺激になりました。

・・・ということで今日はkazuさんを見習って写真なんぞをアップ。
ハハハ・・・あまり上手な写真ではないですね・・・。









海はやっぱりいいです。
家から車で5分ぐらいのところにこんな海があるなんて、
海好きの私にとってはすっごく幸せなこと。
いくらみてても飽きないし、なんだか疲れも吹っ飛びますね♪

a0055479_14182593.jpg














この日は比較的風が強くて波が荒かったのですが、
湾内は普段はとっても穏やかなのでサーフィンなどはできないようです。
Hiroがっかり・・・? (サーフィンデビューをしようとしていた模様)
[PR]
by lakemackenzie | 2007-03-02 14:26 | Rinの落書き

家、その他もろもろのこと

ですが、なんとなく決まりかけてきました。

友人の友人のご家族(日本にいらっしゃる)がお持ちの物件なので、
駅からかなり遠いのと、日本円でのやり取りになりそうなのが気になっていましたが、
家具付きで、すぐに家具を買わなくてよいのは都合がよいし、
審査もなく素敵なおうちを貸していただけるなんてとてもありがたいお話なので、
お願いすることにしました。本当に感謝!です。

今居候させていただいているお宅の家族が皆とてもいい人たちなので、
出て行くのはちょっと寂しいのですが、
早く定住して落ち着きたいという気持ちから焦りもあったので、
ようやく落ち着けそうな気配が見えてきてほっとしました。

その他にも、tax file numberの申請をしたり、
job seeker numberもらいに行ったり、
少しずつですがやるべきことをなんとか進めています。

こちらに来てまだ2週間ちょっとですが、
会う方会う方、本当に親切にしてくださいます。
今はまだ何もお返しできない私達ですが、
早くこのお返しができるぐらいに成長したいなぁと思う日々です。

気候ですが、最近はすでに少し肌寒くなってきました。
昼間はもちろん暑いのですが、朝夜は半そでではいられない日も。
家が決まるまで実家に冬服を置いてもらっているので、
この調子じゃ早めに送ってもらわないとつらいんかなーと話しています。
ブリスベンのイメージがまだまだ離れない私は、
この気候にかなり驚いています。
イメージとしては、ブリスベンは沖縄、ここは北海道かな?

毎日、働いているわけではないし、何をしているというわけでもないのに、
なんだかやたら疲れます。
昔、留学したときは、最初の頃英語で脳が疲れるのを感じたことがありますが、
またそれとも違う疲れのようです(今はそんなに英語も話してないし・・・・)。
なんなんかなぁ~と思いますが、気候の違いとかそんなことでしょうかね?

それから、メルボルンのことについてちょっとだけ・・・。
こんなこと言っているのは私ぐらいのようですが、
メルボルン、めっちゃ都会です。

CBDの他にも、サバーブごとの中心エリアがかなり充実していて、
東京でいうところの代官山とか青山とかみたいな高層ビルのない街
のようなのが結構沢山あります。
これは、昔WAとQLDにいた私からしたら、かなりの驚き!
今はもちろんブリスベンの街も大きくなっているけれど、
それでもお買い物はCBDかサバーブのショッピングモール。
サバーブごとのストリートには、本当にスーパーに毛が生えたぐらいのものしかない
というのがオーストラリアのイメージだったのに、それが一掃されました。
ちょっと違う国にきたみたい・・・。
(あ、でもこんなこと言っているのは、本当に私だけのようです・・・。)

人も多いからか、通りで人と目が合っても、あまり微笑んだり、Hiと言ったりすることも
ないようです。これもちょっとした驚き。やっぱり都会です(笑

それから、人種の多さにも驚きです。
QLDだと、通りで見ていたらたいていどこの人か見分けられたのに、
ここではあまりにもいろんな国出身の人が多くてまったく分かりません。
移民のくにだなぁ~ってことを実感します。

まだまだ散策はしきれていませんが、色々といってみたい場所も出てきました。
[PR]
by lakemackenzie | 2007-03-01 07:39 | 生活準備