<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アロマテラピー

今週は、うちよりも後に追加書類を出した方の方に、
ビザgrantedのメールが来たようなので、ちょっと気になりだしました。
うちももうすぐだと良いのですが・・・・。ちょっと不安です。

夫も退職を決めてしまったので、ちょっと焦りますね。
でも、焦っても仕方ないので、今できることを・・・と思うのですが、
引越し準備もビザ降りないとなかなか勢いをつけてやれないものですね。

ということで、関係のない話ですが、先日、アロマテラピー1級の試験を受けてきました。
これまでは仕事仕事だったのですが、
なんとなく仕事とは何の関係もない資格を取ってみたくなって。

アロマテラピーは、これまでも好きで、適当に使っていたのですが、
効能とかあまり知らず、なんとなくリラックスできるやつとか、
いいにおいのやつ、とかいう単純な理由で選んでいました。
試験を受けるにあたり、歴史とかまで勉強しなきゃいけなくって最初は
ちょっと難しいなと思っていたのですが、知ってしまうと生活に簡単に取り入れられて、
よりアロマを使うのが楽しくなってきました。
殺菌作用があるこれは床を水吹きするときに・・・とか、
女性ホルモンを調節するこれはPMSで旦那が被害を受けているときに(笑)・・・とか。

試験自体はあれだけ勉強して出るのはこんな問題?って感じの
本当に簡単なものでこれを取ったからってなんてことはないのですが、
生活に少し潤いが増す気がします。

植物や自然が持つエネルギーを分けてもらえるような気分になりますよ。
オーストラリアには、独自の植物から採ったオイルも沢山出ているので、
渡豪してからも適度に生活に取り入れて行きたいなぁ~と思ってます。
[PR]
by lakemackenzie | 2006-11-26 12:21 | Rinの落書き

親への説明 第三弾!

先週末、Hiroの実家に帰省し、再度、移住の説明をしてきました。

以前に電話で話していたので、気は楽だったものの、
電話ではまったくと言っていいほど反対がなかったので、
行ってから詳しいことは聞かれるのかもしれないとちょっと心配していました。

が、家族全員応援モード。
あれこれと将来の話を聞かれているうちに、まだビザの方がおりていないので
こちらの方が気後れしてしまうぐらいでした。
本当は寂しい気持ちもあるだろうに、応援してくれる家族に感謝です。

でも、かわいい甥っ子たちと遊んでいたり、家族とおしゃべりしたりしていたら、
遠くに行ってしまうことが、自分たちのことなのにちょっと寂しくなったりしました。
その分、向こうで一生懸命頑張りたいな、と思いました。

あと、Hiroが会社に退職願いを申し出ました。
どんどん周りが進み始めていて、
COさんから連絡がまだなのがちょっと気になってはいますが・・・。

COさんから連絡がきたら、大々的な家財の処分などにかかろうかなって
話しているところです。
[PR]
by lakemackenzie | 2006-11-12 12:15 | 移住準備

来年から住民税激増!?

話題にするのが遅いのかもしれませんが、いきなり思い立って気になったので、
今日は住民税の税率変更について書いてみたいと思います。

「三位一体改革」とやらの結果、住民税と所得税の税率が変わりますよね・・・。
これまでは、あっそ、ぐらいにしか思っていなかったのですが、
よーく考えたらこれは大問題では???

これまでは住民税の税率は所得に応じて3段階あったものが、
所得の多い少ないに関わらず、一律10%になります。
高額所得者の多い地域に税収が集中するのを緩和するためだとか。
で、その分所得税が低くなるから全体の税金支払額は変わらないんですよぉ~、
ってのが売り文句らしいですが、これって移住者にとっては大問題では???

つまり、(かなりの所得がある人以外は)住民税分が増えるってことは、
いくら所得税が低くなっても、住民税しか払わなくってよくなる移住者には、
負担が増えるということなのでしょうか?

で、ここで問題になるのは適用される時期です。
パンフレットには、「この改正は、平成19年6月徴収分から適用される」とあります。
な、なぬっ!

うちは年内の出国はもうあきらめています。
仕事をやめる時期によりますが、今からだと年内に辞めれれば万々歳って感じなので、
準備やなんかも含めると移住するのは確実に来年になります。
で、住民税もこれまでの額から計算して、大体このぐらいだろう、痛いけど仕方ないね・・・
と話していたのですが、これが2倍となると痛いにもほどがあるぅ!
来年は日本では働かないだろうから、所得税が減ったところでうちには関係なし!

で、所得がない人はどうなるのだろうと思って色々と調べてみましたが、
よくわからないので、役所に問い合わせてみました。
そしたら役所の人もちょっとよくわからないようで、確実なことをお答えしたいから
時間ちょーだい、と言われました。でも、移住しないまでも、来年から仕事やめちゃう人って
いるよね、多分。そういうケースは考えてあるはずだ・・・・と思いたい。

・・・・と、役所のお兄さんから電話来ました!
なにやら経過措置というのがあるらしいです。
でも、いったん納めて、平成20年になって減額分帰って来るって感じのようで、
今いる土地には家族も親戚も住んでいないし、どうやって手続きするんだ?
聞いてみましたが、お兄さんも「すみません、まだ勉強不足で」というばかりで、
結局、資料を送ってくれるのと、あとは実際に決まったときに個別に相談しに行くことに
しました。

というわけで、減額措置があとから有効になるにしても、
一旦はその2倍近くになる市民税を支払わないといけないようです。
6月からの半年とはいえ、つらいですのぉ・・・。
[PR]
by lakemackenzie | 2006-11-01 16:12 | Rinの落書き