<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

とうとう入りました!

今週のメールサービスをやってみると、なんと!

ぎりぎり入っていました~!

今週はあきらめ気味だったので、ちょっと驚きました。
やはり果報は寝て待てなのでしょうか。

COさん、頑張ってね~!
ああ、数週間だけCOさんの秘書になりたい!

COさん:「ああ、疲れた。今日はこのくらいにしとくかな」
私:「いえいえ、COさん。まだ3時ですし、もちょっとやっちまいましょうよ
   COさんみたいな優秀な方なら、ちょちょいのちょいですよ」

なーんて、ささやきたい。
[PR]
by lakemackenzie | 2006-09-27 23:38 | 移住準備

渡豪前にまた季節がめぐり・・・

昨日は記念日だったので、銀座の道場六三郎さんのお店「ろくさん亭」で食事しました。

Rinは中学生の頃、テレビでみた道場さんに惚れ、
いつの日か、ろくさん亭に行ってみたいと思っていたらしいです。
XX(ピーっ)年越しの夢が叶ったと喜んでいました。
(ちなみに彼女は道場さんと千代の富士に大人の男の色気を感じていたらしい・・・)

コース料理でおまかせだったんですが、どの料理もおいしくって二人とも
満足しました。(Rinは食べ過ぎて苦しいって夜中まで言ってましたが)
完全な和食かと思ってましたが、トマトの石焼(中にはホタテとチーズ)なんかもあって
普段食べないものをおいしくいただけました。

店の中も、もっと高級感があるのかと思ってたんですけど、結構ふつうでした。
(Rinは、どこかの倶楽部みたいなつくりだねーと言っていました。一体・・・)
肩肘はらずに食事を楽しめました。
でも、さすがに銀座だからなのかスナックのママ風な人同伴のお金持ちそうな人なんかが
いて、たぶん(いや絶対)我々二人はういていたでしょうね。
しかも、そのママさん、パパさんが払った食事代の領収書をちゃっかりいただいて
いました(笑)

数ヶ月前の時点では、この食事の頃にはビザおりてるやろーなって
言ってたんですけどね。
まあ、また申請が完了したり、ビザがおりた時にはまたお祝いをします。

ちなみに、ビザのほうは、あまりにもoffshore priorityだけ全く進んでいないので、
さすがに疑問に思ってきました。他のカテゴリーは進んでいるのに、今週なんか
offshore priorityは日付逆戻りしたし。もう2ヶ月ぐらいほぼ進んでません。
non-priorityとどっちが優先権もってるんか、怪しいところです。

なんかおかしいんちゃう?と、思い切って問い合わせのメールを書いてみたところ、
オートリプライがすぐに返ってきました。

「現在、あまりにも仕事が多くて忙しいため、
返事に2~3週間かかる場合もございます」



・・・・・ブルータスよ、おまえもか・・・・・・
[PR]
by lakemackenzie | 2006-09-23 21:34 | HIRO落書き

インド気分上昇↑

最近、気持ちがめちゃめちゃインドに飛んでいます!
世界旅行は無理でも、移住前に少しは旅行したいと考えていて、
その中で絶対行きたいのがインドです。

Hiroは最初の海外旅行がインド一人旅だったこともあり、
インド経験者なのですが、私は未経験です。
学生時代は貧乏だったのでOZ国内旅行が中心で、海外旅行に本格デビューしたのは
社会人になってからだった私は、インドのように「行くなら時間をかけてじっくり行きたい」
と思うような国にはまだあまり行けていないのです。

初めてインドを意識したのは○○年前のまだ語学学校生だった頃。
最初のホームステイメイトだったK子が遠藤周作の「深い河」を貸してくれました。
その後、K子は世界一周旅行に出て、世界のあちこちからメールや葉書をくれたのですが、
そのK子が予定を大幅に変更して半年も滞在した国、それがインドでした。

ガンジス川で沐浴したり、ヨガセンターで修行したり、頭をそったり・・・。
そんなエキサイティングなK子の報告に、インドという国には何かがあると気になりだしました。

でも、人ごみ苦手、ぼったくりや客引きの多い国に行くと戦い疲れる(笑)。
そんな私には、自分がそこに行って嫌になってしまわないか、という恐れもありました。
それに人と生きるということについて直面せざるを得ない国という印象があります。
それを受け止めきれるか、それも気になるところです。

周りにはインドに行った人たちは結構いて、
半分の人がリピーターになり、半分はしばらくはもういいかなと思ったという感想。
ついでに、デングや肝炎にかかった人もいました。

ますます自分はどっちなんだろうと気になります。
そしていつのまにか、インドはどこか特別な国になり、
気軽に行けない国、行くからには心していきたい国という
分類に入れてしまっていました。

でも、ここ数年、
たかのてるこさんの「ガンジス川でバタフライ」を読んだり、
旦那や友達に話を聞いたり、
中谷美紀さんの「インド旅行記1~北インド編~を読んだりして、
いろんな形の旅をしている人がいて、どんな形の旅であってもいいんだぁ~って思えました。
いつものように自分らしい旅をして、そこで何かを感じて、
自分なりに消化できればいいのかなーって。
なんだかあまりに特別視しすぎていたのかもなぁーと。

特にそう思わせてくれたのが、中谷美紀さんの本です。
旅の仕方的には、私とはかなーり違うし、内容的にもかなり淡々としていて
ちょっと物足りない感じのですが(失礼!)。
他のインド旅行記と違って、すごくテンションが高くないのです。
旅なれた風バックパッカーの「見てみて!すごいでしょ」感がまったくないのです。
そのテンションの高くなさに、なんだか「そのままでいいじゃん。それぞれでいいじゃん」
と言われている気がして、気が楽になりました。

そうなると、急に、もう行きたくて行きたくてたまらなくなってきました。
最近、もう「勝手にインドブーム♪」です。
地球の○○方を手に、勝手に気持ちが盛り上がっています。
まずはビザがおりないと行けないのにね~。

他にもインドの本ないかなぁ~と探してます。
もしお薦めの本があれば教えてください!
[PR]
by lakemackenzie | 2006-09-17 18:06 | Rinの落書き

想定外

先日、会社の定期健康診断を受けました。
日頃から体は健康だと思っていたのですが、診断結果は

”要再検査”

えっまじで。
近々VISAの健康診断をうけるつもりでいたので、体に問題があって
VISAが降りなかったら、まずいと思い、すぐに再検査を受けました。

結論としては、まったく問題がないって判断してもらえたので、ほっと
しましたが、診察の際には

”結核の可能性がないとは言い切れないので、検査しましょう”

なんて言われ、そんなことになったら入国拒否されるって思って
焦りました。というよりもし結核だったらオーストラリア
がどうこう言ってる場合じゃないやんって心配でした。

結局再検査の後、何も問題がないって言ってもらって本当にほっとしました。

みなさんのブログの健康診断のところをもう一度チェックしとこうと
思いますが、どんな項目の検査があるんでしょうか。
引っかかる人はどんな項目でひっかかるんですかね。

「白い家」や「小さな犬」という聴覚検査を楽しみにしてるなんて悠長な
ことを言ってる場合ではないですね。
[PR]
by lakemackenzie | 2006-09-10 12:07 | 移住準備