<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

姉妹水族館?

先週末初めて知ったことですが、八景島の「シーパラダイス」と
ゴールドコーストの「Sea World」は姉妹水族館だったんですね!
姉妹都市ならぬ姉妹水族館があるとは思っていませんでした。

・・・といきなり入り口で発見!

フェアリーペンギンさんの群れ!!!

フィリップ島で見たときはあんなに広いところでヨチヨチ楽しそうに歩いていたペンギンさんたち、水槽の情報にある岩の上で固まってじーっとしていました。
他のアクティブに泳ぎ回っているペンギンさんたちに比べて、ちょっと悲しそうに見えました。

でもそのペンギンさんたちをみながら、
別々にですが2人ともこのペンギンさんたちをフィリップ島で見たことがあるという事実に
なぜかわかりませんが、ちょっと感動してしまいました。

で、Hiroに「ねぇ、私が行った時はペンギン達セーター着てなかったんだよ」というと、
Hiro 「えっ!? ペンギン、セーター着てるわけないやん」
Rin 「えっ、だってこの間、Hiroがペンギンのためにセーター編んでる
    おばさんがいたって言ってたやん」
Hiro 「は?だってセーター着てたら泳げんやろ?」
Rin 「私もそー思ったけど、でもフィリップ島は南極からの風が吹いて寒いからって・・・・。
   でも泳ぎにくいよなって思ったんだけど・・・。だってHiroが言ってたやん」
Hiro「あの・・・あなたは何をおっしゃってるんですか・・・?(呆れ顔)」

うーん、なんだったんだろう、この記憶。
確かにおばあさんがフィリップ島のペンギンにノースリーブのセーターを
一枚一枚編んでいるって情報を最近どこかで得て、
そんな必要あるのか???と思っていたんだけどなぁ・・・

まさか・・・夢?

真実は今もわからず、です。
どなたかこの情報聞いたことあったら教えてください。
(頭おかしくなったわけではありません)

a0055479_921269.jpg
でも、そのほかの営業担当のように愛想を振りまいている白熊さんや、
シロイルカ4(フォー)のイルカさんたちや、
牛ぐらいあるようなセイウチさんや、
同じところを徘徊していたラッコさんを堪能して満足満足!

特に白熊さんの毛並みには感動しました。
ふさふさと黄金の輝きを放っていて、大きなゴールデンレトリバーのようでした。

・・・が、「すごい!大きい!」と我を忘れて子供のようにはしゃぎまわってしまっていた私の背中で、賢い現代のお子様曰く・・・
「あれ、水があるから本当よりも大きくみえるだけで、本当は小さいんだよ」

a0055479_9211097.jpg

・・・・うぁぁぁぁぁ・・・・・そ、そのとおりですけど・・・・



ちなみにオーストラリアのクリスマス島からやってきた赤カニさんも堪能してきました。
ちょっとよく見えなかったけど・・・。やっぱり実際に島に行ってみてみたいですね。大群の移動。
a0055479_9214582.jpg

最初は、えーっ、水族館、行くのぉ~と渋っていた私ですが、
誰よりも堪能して帰ってきました。大人にもお勧めです!
[PR]
by lakemackenzie | 2006-04-30 09:33 | オーストラリア旅行

VICからの連絡

前回VICにDIMIAのreference file numberを知らせるメールを送ってから
しばらくたっていたのでどうなっているのか気になっていたのですが、
ようやくVICからForm1100DIMIAにおくりましたよーっていう主旨のメールが届きました。
これで間違っていなければ、すべての書類がDIMIAに送られたことになり、一安心です。

ところで、今自分達の申請がどの段階にあるかがHPでチェックできると
聞いたのですが、どこでできるのかご存知ですか?
HPを探してますが、見つかりません。
[PR]
by lakemackenzie | 2006-04-26 22:55 | 移住準備

おひさしぶりです。

ここのブログの書き込みは、最近ずっと妻がやっていたのですが、
私(Hiro)ももっと参加するつもりでした。というか、最初に始めた
のは私だったような気が・・・大阪弁がどうこう言ってたような気が・・・

仕事が日勤、夜勤、休日出勤と忙しかった(いいわけ?)もので、
参加しないまま2ヶ月or3ヶ月? が過ぎました。
仕事も落ち着いてきたので、また参加していきますね。

仕事に明け暮れてる間に妻が移住の申請を全部してくれました。
妻には頭があがりません。(移住の申請がなくても?)

残りの書類提出やら、引越やら(VISAがもらえること前提で)を
準備していこうと思います。また、むこうでの仕事を見つけるため
にもいろいろと動こうと思います。
 
そんな就職の話を以前に研修でむこうでお世話になった方にメール
したら、「君に必要なのは英語力だ。一回電話してきなさい、話を
聞いてあげるよ。」って言ってくれました。
(英語で電話するんですか?私が?)

自分でも、この英語力で仕事にならないのはわかっていましたけどね。
なんとかがんばって、むこうに行くまでに少しでも英語力をあげねば
と思う、今日この頃です。
[PR]
by lakemackenzie | 2006-04-22 11:15 | 移住準備

ラクダがオーストラリアのイメージキャラクターに!?

今、カンタスがやっている宣伝を知っていますか?
TVではあまりみかけることはないのですが、電車の中の広告でよく見かけるので
きになっていました。あの、動物の標識が乗っているやつです。

1つ目のカンガルー、うんうん。
2つ目のウォンバット、うーん、まぁ確かに、

・・・・で、なんで3番目はラクダなんですかぁ~?

確かにオーストラリアでラクダに乗ったことはある。
でも、ラクダってオーストラリア大陸特有の生き物じゃないよねぇ?

なんでオーストラリア観光業の看板娘コアラちゃんでも
田舎のファームの副収入を支えるエミューさんでも
映画デビューを果たしているクロコダイルさんでも
有袋類の水中代表カモノハシさんでもなく、
なんで、なんで、ラクダなんですかぁー?

知りたくなったら、ハイ検索。
すると驚きの事実が発覚しました。

ラクダにはヒトコブラクダとフタコブラクダがいるけれど、かろうじて野生も残っているフタコブラクダに対し、ヒトコブラクダの方は、ほぼ完全に家畜個体群に完全に飲み込まれているのだそうです。
・・・が、この家畜のヒトコブラクダさんが再び野生化した唯一の地域があるそうです。

そう、それがオーストラリア!

主に西部だそうです。そうか、確かに私がラクダに乗ったのもWAだったと思う。
うーん、一つ勉強になりました。奥深い宣伝です。

オーストラリアの宣伝といえば、オーストラリア観光局の宣伝。
http://www.australia.com/home_jp.aust?JSESSIONID=GC8V6Ky2!-1152123291&L=ja&C=JP&Z=1145191445046847472073" target="_blank

「Where the BLOODY HELL are you?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
さすがオーストラリア、大胆です。
BLOODY HELLって・・・。 
国をあげての宣伝でも、地をさらけ出す。Going my wayですな。
素敵です・・・。
[PR]
by lakemackenzie | 2006-04-16 22:24 | オーストラリア旅行

File Reference Numberが届いたぁ!

本日、DIMAからacknoledgement letterが届きました。
そこで早速VICにFile Reference Numberをお知らせするメールを送りました。
SMPがスムーズに対応してくれれば、VIC州政府からForm1100がDIMAに送られるはずです。ここがSubclass137特有の部分になるのだと思います。

そのAcknologement letterを添付したメールですが、IELTSに関するお知らせが含まれていました。IETLTSのテスト結果に書いてあったリファレンス番号だけをアプリケーションに書いておきましたが、やっぱり念のため原本を手配しておいた方が確実なのかなぁ~とちょっと不安になりました。チェックリストにはリファレンス番号を知らせるだけでよいと書いてはあったのですが・・・。
[PR]
by lakemackenzie | 2006-04-07 14:00 | 移住準備

なんとSAからノミネーション合格メールが!

まだ時差ぼけているのか、夜中に目が覚めた途端、いきなり「そーいえば、SAのノミネーションはどうなっているのだろう!」と思いました。しばらく忘れていたので、なんで真夜中の寝ぼけた頭にこのことが出てきたのかは判りません。

2週間ぐらいで返事が来るということだったのに、なんにも連絡がないってことはなにかVICとの関係でもめているのだろうか?などと、もうすでにDIMIA申請が終わってしまったので必要なものではないのですが、もしかしたらDIMIA申請の方に連絡がいったりしているのではないかなどといろいろと心配になりだしていました。
すると、なんと!
今日メールを開くと、SAからノミネーション合格のメールが来ていました。
なんともいえないタイミングです。

ノミネーションは、12ヶ月もしくはMODLから職業が外れるまで有効であること、
2週間以内に送った書類(Form1100等)が届かなかったら連絡をくださいということのみ
が書かれてあり、VICのノミネーションことについては何も言及がありませんでした。
申請時にもなにも記述するところがなかったので、当然といえば当然かもしれません。

VICの方はForm1100が発行されるのが、DIMIAからAcknowledgement letterが届いた後となるので、まだ不安な面があるため、SAの方はしばらくキープしておきたいと思っています。

すべてが無事にうまくいきますよーに。
[PR]
by lakemackenzie | 2006-04-03 18:07 | 移住準備