<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

遅々として・・・

Victoria州からメールの回答は来ません。
今日もう一度送ってみましたが、どうなることやら?
SAにもアプライしてみようかなと思い始めているところです。

現在は、戸籍謄本と源泉徴収票の翻訳手配をしているところです。
それから、パスポートの本籍書き換え手続きには今週Hiroが行き、
あとは受け取りに行くだけです。

Form47SKは大分埋まってきましたが、
3月という微妙な時期なので、ぎりぎりまで保留している項目がちらほら。
Hiroは来年度から事務所が移転するようですし、
Rinは転職を決めたので、職業関連の項目が埋めにくくなっています。

もうちょっとてきぱきとやらないといけないですね。
前にしか進めないように、前進しかできないカンガルーの写真を乗せてみます。a0055479_13463012.jpg
[PR]
by lakemackenzie | 2006-02-25 13:47 | 移住準備

Victoria州にノミネートされました!

昨日、休日出勤していたら、嫁からの着信に気がつきました。
何事かと思い折り返し電話すると、

「おめでとうございまーす。ノミネーションがおりましたぁー!!!」

仕事中に電話してくるんで、なにか一大事かと心配して電話したんで、
ちょっと拍子抜けしたものの、電話を切った後から喜びがふつふつと沸いてきて、
仕事中なのににやけてしまいました。

郵送でくると思っていたので、嫁はメールを見てびっくりしたようです。
ちなみにメールは金曜日に来ていたようです。

【VIC州STNIタイムライン】
 1月7日:  オンライン申請終了
 1月17日: 受理メール受信
 2月5日: 追加書類(VETASSESS結果)FAX送信
 2月17日: ノミネーション通過メール受信

申請からノミネーションまで約40日かかりました。

って、ノミネーションは非常に嬉しいのですが、
ぼやぼやしていたので、DIMA申請の準備が全然進んでいません。

それと、GeologistとNatural and Physical Scienceの問題が再び浮上してきました。
VETASSESSはGeologistで審査され、
STATE NOMINATIONはNatural and Physical Scienceでノミネーションされています。
この2つはASCO Codeが違うので、DIMAに申請するときにどちらをnominated occupationにしてよいのかわからず、悩んでいます。

先ほどVICのSMPにメールを出してみました。返事を待つのみです。
[PR]
by lakemackenzie | 2006-02-19 16:07 | 移住準備

Form80の仕上げ

今日はForm 80の仕上げに取り組みました。

以前1月15日のブログ「Form 80(個人情報)」で疑問を書き出していましたが、皆さんから教えていただいたことや、自分達なりの解釈で埋めていき、残る問題はあと1つ(Question9)だけになりました。

8.国籍を取得した日
結局、戸籍謄本の「届出日(誕生日から数日後。つまり両親が役所に行った日)」
の方を書き込みました。

15. 過去10年間に住んだアドレス(1年以上のものをすべて)
指示のとおり、12ヶ月以上住んだ住所のみを書き出していきました。
ということで、Australiaには4年近くいたのに、書き出した住所は1箇所だけに。
ちょっと怪しいかな?でも、事実だから仕方ないですよね。

18.過去のオーストラリア訪問・滞在記録
Hiroの方は問題なし。
Rinの方は、Studentのときのものは、Visaの枚数分書き出し、入国日は「-」としました。旅行で言った分は、その分だけ書き出しました。ETASの発行場所は、多分Tokyoだろうと思い、Tokyoにしました。

15(Hiro)、17&18(Rin)は入りきれなかったので、Attachementを作成しました。
それぞれに番号をつけ、本紙には、「details on the Attachment 80-A」などというように書き込みました。

残ったものは・・・
9.Details of any identity cards, social security cards, or any alien registration numbers you have held in the pastです。
パスポートの詳細は他に書く場所があるので、パスポートではなさそうです。
免許証を書くか、もしくはなにもかかないかのどちらかかなと思っていますが・・・。

ご経験者方、この項目には何を書いて提出されましたか?
[PR]
by lakemackenzie | 2006-02-11 17:36 | 移住準備

ビザの思い出

やらなくてはと思いながら目をそらし続けてきていたForm47Kの難関項目「52」!
Hiroの帰りを待っている間の時間にやってしまおうと、ようやく重い腰を上げました。

過去のパスポートと、現在のパスポートを持って、よっこらせ。
パソコンの前に陣取り、覚悟は決めたものの・・・

自分でもびっくり!です。その数なんと「9」

英語学校(10ヶ月)の間に、一気に申し込まずに1タームごとに更新していたものが3枚、
大学の時のものが1枚、
旅行のものが4枚、
これで計8枚。

そして最後の1枚を見ながら、心はしばし遠く10年近く前に飛んでしまいました。

======back to 10 yrs ago========

オーストラリアに渡って9ヶ月目、時は12月のクリスマス前。
英語学校の友達はみんな日本に帰ってしまったものの、
親に反対されて出てきたので、ぎりぎりまで帰国を許されなかった私が取れた旅券は
12月暮れぎりぎりのもの。孤独と戦いながら暑い夏の日々をぶらぶらしていました。

大学入学のためにIELTSを受験する必要があったのですが、
手違いで準備もせずに10月に受けてしまっていたので、
3ヶ月経つ1月にならないと受験できない。
日本で受験することにしていましたが、結果が出るのは1月末か2月上旬。
今もっている1月半ばに切れてしまうビザでは再入国できなくなってしまう!!!
かといって、大学入学とビザの手配を日本でやっていたら、授業開始に間に合わない!
ピーーーーーンチ!

そんな時に聞いた耳寄り情報。
「Bridging Visa」なるものがあるらしい。

なにやらそのBridging Visaとやらは、事情があってつなぎのビザが必要なときに発行してもらえたケースがあるらしいとのこと。それならあたって砕けろだ!おっと、砕けたら意味ないんだっけ。

イミグレに付いた私は、「どーか、優しい担当者に当たりますように」と祈りながら、
順番を待ちました。ようやく順番がまわってきたのでで、つたない英語を使いながら、Bridging visaをおくれと、とうとうと訴える。・・・・が、あっけなく玉砕。
しかも、イミグレは明日からクリスマスのお休みで、私の帰国日まで開かないらしい!

Oh、no-----!そこをなんとかぁ。
ここは情に訴える作戦に変更。
おうちにかえりたいのぉー。もうチケットもとっちゃったのぉー。
大学にもいきたいのぉー。でもどーしていいのかわからないのぉーーーー。
でも、明日からイミグレしまっちゃうのぉーーーー?
どーしたらいいのぉー。ねぇぇぇえ、おねえさーーーん。

するとお姉さん、「いい考えがあるわ!」と、いきなり私の通っていた英語学校に電話をし始めた。電話を切ると、ビッグすまーいるで、「OKよ」と。へ?なに?

なんと、お姉さんは、学校に頼んで私がもう1ターム分英語学校を延長したことにしてもらい、入学許可書を発行してもらって、その入学許可証でもう1ターム分(3月末まで)のビザを発行してくれたのです。で、でもそんなお金ないんですけどぉ~と、焦る私に、お姉さん曰く、「大丈夫。学校はすぐにキャンセルしたことにしてもらうから。あなたは授業料払わなくっていいのよ。」

しばらくするとお姉さんのところに、カタカタとファックスが送られてきました。
もちろん、私の学校から。入学許可証です。

それを使って、お姉さんがカタカタとPCになにやら打ち込んで、「Here you go」!

キラキラキラキラ。お姉さんが天使に見えます。
このご恩は一生忘れません!!!
ついでに「いい加減な国オーストラリア」から、「融通の聞く国、オーストラリア」へ昇格!
それにしても、公的機関がこんな感じってすごいよなぁ。日本の役所じゃありえません。
でも、そのおかげで助かったので、何もいえませんが・・・。

======back to Present=========

っと、思い出に浸っている場合じゃありませんでした。
さっさとビザの詳細を書き出さなくては。
それにしても紙ベースで残っていないETASの番号を調べるのは結構大変です。
自分でとった場合は、確かネットで調べられるらしいのですが、その他はネットでは無理です。
航空会社で取ってもらったものは航空会社にきけばいいようです。
でも、何年も前のETASはいったいどうやって取ったのかさえ忘れてしまいました・・・(^^;
どおしましょ。。。
[PR]
by lakemackenzie | 2006-02-09 22:26 | オーストラリア旅行

VETASSESS結果が来た!

やったでー(久々の大阪弁登場)!

今日は申請準備ちょっと前進の嬉しいニュースです。

昨日、外出先から帰ってきてポストを覗き、いつもどおり、郵便物と朝取っていなかった新聞を取り入れ、部屋に入りました。それを机の上におこうとしたとき、Rinが「なにこれ?」と言って、取り出したのが薄いVETASSESSからの封筒でした。

分厚い大きな封筒が届くと思っていたRinは、
薄い封筒を見て「なんやろ~これ~」と不安げな表情。
一方私は、結果に間違いないと確信し、「ついにきたやん!」

2人で開封し、中身をチェックしたところ、「POSITIVE」という文字が!!!

なんだか「陽性」って文字が脳裏をよぎり、ちょっとドキドキ(笑)したものの、続きを読むと、「assessed as suitable for migration purposes」って文字が太文字で!
バンザーイ!

ちょっと前まで毎日どきどきしながらポストを覗いていたものの、
もうちょっとかかるやろうと忘れかけていたときだったので、ちょっと実感がわきませんでした。
書類を発送したのが12月5日だったので、ちょうど2ヶ月(9週間)かかりました。

早速、追加書類としてSMPにファックスし、念のためメールも送りました。

これでVIC州のSponsorship関連の書類はそろい、あとは州の判断待ちです。
ここからが、申請本番です。
最近さぼりぎみやったDIMIA関連の書類の作成を進めなくては・・・。
[PR]
by lakemackenzie | 2006-02-05 14:54 | 移住準備