カテゴリ:未分類( 3 )

いよいよ・・・

住んでいるところをいよいよ明日引き払います。
この二週間は、寝ても覚めても引越準備、
夜は連続飲み会というハードな日々を送っていました。

国内で引っ越すのとは違い、すべてのものを割り振り、
処分したり、送ったりしなければならないので、予想以上に手間と時間がかかります。
仕事もしていないのに、毎日何しているんだろうってぐらいに、
引越準備に時間を取られています。
でも結局、時間をかけるか、お金をかけるか、なんでしょうね。
駐在の方などは、引越屋さんにお願いできるのでしょうが、
自費のうちの場合、収入もない今、かけられるのは時間のみです。

【処分品】
 ・ 語学本&DVD:ネットオークション
 ・ 本: 古本屋
 ・ 大型家具&家電: リサイクルショップ
 ・ 一部家具: 処分&友人

意外によかったのがリサイクルショップです。
減価償却を考えると、よい値で買ってもらったのではと思います。
処分する場合、レンタカー代やリサイクル代もかかることを考えると
引き取ってもらってわずかでもお金をもらえるなんてよいな、と感じました。
あと、オークションほど手間もかからないし。

【送った荷物】
 ・ 船便(郵便局): 11箱
 ・ SAL便(郵便局): 2箱
 ・ 車に積載: 7梱包
 ※あと2~3箱発生する予定です

郵便局は、10箱以上で10%の割引があったので、よかったです。
一旦実家に移動するため、国内での宅急便が10箱程度発生しましたが、
海外に比べ、国内は安いなぁ~と。面倒な検疫もないし。

忙しさのあまりにあまり自分達自身は実感できていないのですが、
飲み会をしてもらったりして、相手が「もうなかなか会えないね」「寂しいね」と
言ってくれるのを聞くと、はっとします。
私達にとってオーストラリアはそんなに遠くない国だと思えるのですが、
やっぱり遠いのですね。
二人とも仕事でこの地に来た当初は、知り合いもいなかったのに、
いつの間にかいろんな人にお世話になっていたんだなと実感します。
今は忙しくて感じ入っている暇がありませんが、
こんな風に気軽に会ったり、一緒に飲んだりすることができなくなるんだなと思うと
すごくもったいないことをしている気がします。
でも、遠く離れてもこれまでの仲間とも続いていられて、
向こうでも新たなよい仲間に出会えるといいなと思う今日この頃です。
[PR]
by lakemackenzie | 2007-01-29 13:46

IELTS結果到着

先々週末に受けていたIELTS(アカデミック)の結果が届きました。
今回はMAJIT行くのをやめたのであまり意味がない受験とはいえ、2年間有効なものなので、アカデミックを二度と受験しないですますために一応は重要なものです。
しかも勉強する時間が2週間程度しかなかったので、やっぱりちょっとドキドキしてました。
前回のブログにも書いたように2月にジェネラルを受験した時よりも難しい気がしたし・・・。

・・・が、総合結果は前回とまったく一緒・・・。拍子抜けです。ちなみに個別には、
Listening ↓    Writing: ↓  Reading →   Speaking ↑
受験時の感じ方はどうあれ、総合点はやっぱりちゃんとスキル相応のものが出るようになっているみたいですね。とりあえず、大学院関係であればどのコースでも行けるようなので、今回はこれでよしとしようと思うものの・・・。

最近は翻訳の勉強しかしてなかったので当たり前なのかもしれませんが、自分の英語力の伸びなさにはがっかりしました。以前、Hiroの友人の奥さんで、私の聞き間違えでなければ、「総合で9.0」取ったという人に会ったことがあります。NZで大学院に行かれていました。尊敬です。1つのスキルならともかく、総合で9.0ってやっぱりきちんと勉強しないと駄目ですよね。

2月にジェネラル受験から1年経ってしまうため、夫HiroがDIMIA申請するときに私は再度受験が必要になる可能性があります。その時には自分で納得の行く点数が取れるようにしたいなぁと思いました。自分にはいい刺激になったのかもしれません。
夫に「なんで伸びんのよ~!」などと偉そうに言えた立場ではないですねー。

とりあえずは、年末のカニを食べてから考えよー。
(↑こんなんだからダメなのか???)
[PR]
by lakemackenzie | 2005-12-17 17:05

IELTS受験(academic)

今週末はIETLS(アカデミック)を受験してきました。

何故アカデミックかって言うと、実はUniversity of QueenslandのMaster of Arts in Japanese Interpretation and Translation (MAJIT)というコースに夏ごろ申し込んでいたのです。このころはうちにもSTNIの可能性あることがわかっていなかったので、
もしIEAustが駄目なら卒業したら永住権をとれりやすくなる学校に行こうかと考えていたからです。(でもこのコースの卒業試験に合格する人は、クラス中1~2人ということで、非常に厳しいらしいですが・・・。)

ここのコース自体の実地試験(秋ごろ実施:翻訳と通訳のパフォーマンステスト)には合格して、仮の入学許可はでていたのですが、本当に行くのか判らなかったので、いままでIETLSを受けずにいました。で、11月ごろ、そろそろIELTSを受験しないと間に合わないなと思い、受験申し込みをしていたのです。

今となっては、STNIの可能性を見るのが先だろうということで、結局この入学(2月)は見送りになりそうですが、この入学テストが結構難しかったので、辞めてしまうことにもちょっと勇気が要ります。でも、今週末に大学院側からも、辞めるなら早く返事がほしいという旨の催促のメールが来たので、そろそろ気持ちを固めないといけないようです。

とはいえ、アカデミックを受験しておけば、もしSTNIが成功して向こうにいってからでも、やっぱり院に行きたいということになったら役に立つのと、払い込んでしまった受験料がもったいないという2つの理由で受験することにしました。

リスニング等は共通のはずですが、前回2月にGeneralを受験したときと比べて、かなり難しくなっている印象でした。相対評価ではなく、絶対評価のはずなので、本当にこんなに難易度ちがっていいのかな?とちょっと疑問に思いました。

ちなみにどのくらい違っていたかというと(私の感じ方の問題かもしれませんが)、
前回のリスニングを受けた時は、「こんなに簡単やったら満点が続出するんじゃないん?」と感じて、実際私自身もびっくりするぐらい点数がよかったのが、今回は特に最後のSection4では10問分一気にテープが流れたのと、内容がちょっとトリッキーだったのもあって「この問題にすべて目を通せてリスニングについていけた人って本当にいるのかな?」と思ったぐらいでした。
私の実力はほとんど変わっていないはずなので、多分かなりの差だったと思います。
もしかするとIETLTSってけっこう回によって難易度に差があるのかななんて思いました。

スピーキングは、前回極度に緊張してしまい最悪の結果だったので、今回一番ドキドキしていました。予想していた問題は一つもあたらず(笑)、メイントピックは私の苦手なこと(ショッピングとか)ばかりだったので、ちょっと苦笑いしてしまいました。でも、前回よりは緊張せずにできたので良かったです。
 前回と今回で思ったのが、女性だと思ってか、典型的に女性向けの質問(ショッピングとか、近所づきあいとか)を毎回されるようです。でも、私の場合、高校から大学、社会人になっても、男性社会にもまれることが多かったので、かなり一般的な女性の感覚とはずれているので、女性的な質問されると本当に困ってしまいます。また受験する機会があったら、できるだけボーイッシュな格好していこうかな?

どっちにしても全体的に前回より結果は下がりそうな気がしますが、
あとは天に任せて、せめて大学院側のrequirement(6.5)が取れることを祈ろうと思います。
[PR]
by lakemackenzie | 2005-12-04 19:10