移住2年目突入

気がつけば、移住して1年が経ちました。
いろいろな人にお世話になりながら1歩1歩前進でき、
メルボルンでの生活が二人中で定着してきた気がします。

ドキドキわくわく(時々ドッキンドッキン)だった1年目とは違い、
2年目に突入した今、ここでの生活が『現実』となってきました。
日本にいたときと同じようなことで悩んでいたり、
気を抜くとマンネリ化してしまいそうにもなります。
これをどうやってフレッシュに保っていくか?が今の課題です。

それでもまだまだ「祖国と同じようにできる」というレベルには
達していないことも沢山あります。
仕事もしかり、一般常識もしかり、ネットワークもしかり。
少しずつでも前進していけるよう、頑張るぞ。

この1年間に気がついたこと:
1.乙女心とメルボルンの天気・・・予測するの止めました。
2.メルボルンは水着要らず・・・常夏のイメージ、崩れました。次回の夏はもうちょっと暑くなるとよいなぁ。
3.オーストラリアはもう安くない・・・景気はよいほうがよいけれど、インフレはつらい。まさか日本の方が家がaffordableだとは思いもしませんでした。
4.日本のサラリーマンだった自分達は、アフターファイブ(セブン?)の使い方が下手・・・今年はもちょっと有効に活用できるといいなぁ。
5.オージーにも方言・・・200年ちょっとの歴史ですが、すでに地域によってアクセントが微妙に違うことに気がつきました。

この1年のオーストラリア5大ニュース(勝手に選定):
1.政権交代・・・10年以上続いたハワードさんが破れ、ケビンさんが首相に。
2.Stolen Generationへの謝罪・・・この瞬間が目撃できてよかった。
3.1ドル100円上回る・・・円を持つ新米移住者にはつらかった。
4.京都議定書批准・・・カーボンクレジットビジネス加熱中。
5.世界初 南極への航空定期便就航・・・ちょっと苦しい?反捕鯨と迷いましたが・・・。

2年目も充実したよい年になりますように。
これからもよろしくお願いします。
[PR]
by lakemackenzie | 2008-03-11 22:13 | メルボルン生活
<< キャンプのすすめ ああ、もう1月が。。。 >>