春到来、つれづれなるままに

メルボルンにも本格的に春がやってきたようです。
日によっては寒い日もあるけれど、雨降っていてもそこまで気温が落ちなくなってきたようです。
寒さに耐え切れなかった私には、嬉しいこと。

ちょっと前までモモ(?)の花がちょっと桜風で綺麗でした。
桜ほどは風情はないけれど、青い空に白が映えてなんとなく日本風な感じ。
木蓮もどどーんと咲いていて、これまた日本を思わせる景色。
ブリスベンの春と違って、冬がちゃんとあるメルボルンの春は、
どこか日本を思い出せてくれるみたいです。
でもあの町中に桜のように咲くジャカランダがちょっと恋しいかな。

引越した先は、とても小さなアパートで、日本のときに住んでいたアパートよりも
かなり小さいのに、お値段はいっちょ前。収納も少なく、洗濯干す場所にも
結構苦労していますが、お気に入りは、毎朝窓からベストアングルで見られる朝日。
本当に綺麗です。
そのうち大きな家に引っ越す日を夢見て、
今はこの朝日の見える家を満喫しようと思います。

でも、家をでていかなくっていいということが、これほど安心感を与えてくれるものとは思いませんでした。この半年間は、常に出て行かないといけないと思いながらすごしていたので、色々と問題はある家だけど、その不安がないのはとっても嬉しいです。

関係ないけど、最近はまったのはお友達から借りていてずっと見る時間がなかった
DVD「白い巨塔」。かっぱえびせんではないけれど、やめられないとまらない。
もうなぜこんなにきつい思いをしてみているのか分からないほど、
マラソン鑑賞をしてしまいました。
日本じゃ観なかったのに、オーストラリアではまるとは・・・。
[PR]
by lakemackenzie | 2007-09-13 09:06 | メルボルン生活
<< 弟がきた Hunting終了 >>