とってもインターナショナルなクラスメイト

先週末まで3週間、CityにあるAMESのショートコースに通っていました。

20名弱の比較的大きいクラス。
それなのに、ほぼ重なる国籍がないぐらい様々なところからやってきた
クラスメイトに恵まれました。
ざっと、エジプト、ナイジェリア、ケニア、イラク、イタリア、メキシコ、ブラジル、
フィリピン、インド、スリランカ、中国、タイ、そして私の日本。
オーストラリア滞在暦も、1ヶ月から9年までと様々。

これまでも様々な国の人と接する機会はあったのですが、
大学のときはほぼオージーばかりだったし、
英語学校に通っていた頃は、アジア人が多かったので、
ここまでバラエティに富んだクラスメイトに囲まれた経験は初めて!
さすが移民対象の学校だけあります。

中でも、メキシコからやってきた女優のIちゃん、
イタリアからやってきたクラスの天使Cちゃん、
タイからやってきたPRウーマンMちゃんとはかなり気が合って、
すっごく濃い時間をすごすことが出来ました。
クラスの内容も濃くてよかったのですが、
このクラスメイト達と短い間だったけど一緒に勉強できたことが、
一番の財産になりました。

あと、新しい文化発見も。
オーストラリアでは、初対面の人と会った時に握手をするのが一般的ですが、
イラクから来た彼は、女性と握手するのは宗教で禁じられているから、
どうやって断ったらいいのか悩んでいたり、
ナイジェリアからきた彼女は、アフリカの女性蔑視にかなり怒りを感じていたり、
エジプトから来たおばちゃんは、「職場でいじめにあったらどうするか」
という仮想ディスカッションに、「その人のために祈ります」と答えたり・・・。
世界を旅した気分になります。

オーストラリアに来た理由も様々なで複雑なので、
すべての人がハッピーとは限らない中、
自分で選んできた私は幸せだなと思いました。

この3週間の間には、もう一つ嬉しいニュースが。
Hiroに仕事が見つかったようです。
断定できないのは、まだコントラクトがきていないので。
最初はパートタイムからになりそうですが、確かにオファーがあった模様です。
私の方は、まだなのが悲しいところですが、ひとまず安心です。
[PR]
by lakemackenzie | 2007-05-21 14:39 | メルボルン生活
<< コントラクトが届きました! が・・・ 有名人(?)がやってきた >>