すでに始まってしまったオーストラリアの洗礼 (車の輸出Vol.3)

車の搬入日も近づいているところですが、
輸出の流れ全体がようやくつかめてきました(^^;

実質の作業的には想像よりは大変ではないのですが、何が大変って・・・・
それはオーストラリア(もしくはオセアニア人)とのやりとりです。

5つ質問したら、3つ返ってくればよし・・・
お金振り込んでねと言われたけど、一体いくら振り込めばいいん?
ただでさえ専門用語なのに、省略形多用するのは止めてくれ~。
あの・・・しばらく音沙汰ないんですけど・・・・

そんな感じで、メールのやり取りでは埒があかん!!!
なんだか、すでにオーストラリアに上陸した気分がしてきました。

ってことで、ついに日本側の関係者(日本人)に電話しました。

ああ、やっぱり細かい仕事とサービスは日本ですね~☆☆☆

疑問点が一気に解決!各会社の関係もようやく理解!
しかも、担当者のお尻も叩いてくれたのか、その後の対応スピードちょっとアップ!

この一連のやりとりで、手続きが面倒になるからと聞いて諦めていた
荷物の積み込みをやっぱりやることにしました。
郵便では送れない大型のものや重いものをどうしようかなーと悩んでいたので、
税関の手数料(150ドル)で送れるならよいかなと思って。

そんなわけで、またまた追加書類発生!
意味が分からないぐらいに忙しい毎日ですが、なんとか乗り切るしかありませんっ。
でも、現地についてからの作業のこと、
何一つ整理できていないのは、ちょっと気になってます。
[PR]
by lakemackenzie | 2007-01-17 15:51 | 車の輸出
<< 車搬入完了!(車の輸出Vol.4) 引越準備進捗中継 >>