スキー&スノボー

メルボルンに来て初めてスノボーしてきました。

場所はFalls Creekっていうスキー場でメルボルンから
車で5時間ぐらいの場所。ここはビクトリアで最大のスキー場らしい(パンフレットうのみ)
といっても2、3箇所しかビクトリアにスキー場はないけど。

1日しか滑れなかったけど、なかなか楽しく、ひさしぶりのスノボーをエンジョイできた。
いつもそうなのか、運がよかったのか知らんけど、パウダースノーっぽい雪だったし、
積雪も十分だったし、なによりガラガラなのがいい!日本ほどまわりの人を気にする必要
もないし、リフトを待つ時間もない。

気になるのはリフト代が日本に比べて若干高いことぐらい。1日券が$100ぐらいするのには
おどろいた。日本では$50ぐらいが相場やからね。あと、日本よりもなにかとコストがかかる
気がする。でも、うまくすれば無駄なコストは省けそう。

一年に一回はスキー&スノボーに出かけれたらええな。来年はHothamスキー場かな。
[PR]
# by lakemackenzie | 2008-07-31 01:26 | メルボルン生活

冬が来た

そろそろ本当に冬がきたみたいだ。
先週数日は昼間ぽかぽかしていたけれど、
やっぱり洗濯物が乾かなくなってきたところをみると、本格的に冬に突入してきたらしい。

冬になると夜の暗さが半端じゃない。
6時半頃に帰宅していても、真夜中のような気分になる。

私の気分は太陽光線の量にかなり左右されるので、冬はちょっとブルーに入る。
それでも元々は冬生まれだし、雪が降ってジングルベルがなって、
おこたで丸くなるってイメージの冬は好きなんだけど、
ここではそこまで寒くないし、早くも夏が恋しい今日この頃。

気分を晴らそうと専らJake Shimabukuroのウクレレを聴きながら、
気分だけハワイへ。

フラダンスかウクレレを習いたいと思って探してみたけれど、
ここではなかなかそういうクラスが見つからない。
日本では結構沢山あったのを見かけたから、
やっぱり日本は結構アメリカの影響を受けているのだなぁと改めて実感。

家が狭いからあまり物を増やさないように我慢していたのだけれど、
長い冬を楽しく過ごすアイテムを何か探さなきゃとしていた結果、
最近ちょっとずつプラスα系のキッチン用品が増えてきている。
また太るな・・・。
[PR]
# by lakemackenzie | 2008-05-17 14:54 | Rinの落書き

お客様は神様の国

「カスタマーサービス」などというものがほぼ存在しないこの国で暮らしていると、
日本の「お客様は神様」的サービスに出合ってたじろぐことがある。

IT文明は、帰省の時のみならず、オーストラリアにいながら
それを体験することを可能にしたようだ。

先週末は、母の日。
日本の母に花を贈ろうとインターネットで検索していると、
変わった色ということを売りにしているカーネーションを発見した。
普段カーネーションはあまり好きではないのだけれど、
とてもかわいい色だったのでそれに決めた。

数日後、母からの写メールが届く。
みるとなんと、そこにはふつーのカーネーションが・・・。
写りが悪いのかと思い、電話で色を確かめても、なんとも普通の色。
ガッカリしたのと、あまりの違いに何かの手違いかなと思い、
思わず発送先にメールを送ってしまった。
「色が注文したものと全く違うのですが、何かの手違いでしょうか?」と。
(苦情ではなく、問い合わせ、といった感じで。。。念のため)。

2日後、メールを開けてみると、なんとそこには超丁寧なお詫びのメールと、
調査内容と、カーネーション再発送のお知らせメールが。
(決して、きついメールは送っていないのよ、本当よ。)
そして母からも「なぜか今日またカーネーションが届きました」というメールが。

あまりの対応の素早さと、よくこちらに確認することもなく再発送する
この顧客第一主義の対応がかなり新鮮で、ちょっとビビッてしまった。

100%悪かろうとめったなことでは「sorry」という言葉すら聞けないこの国で
暮らしていると、何かあるとすぐに問い合わせる癖がついてしまったようだ。
思わず我に返り、苦情バーさんにならないように日本向けとオーストラリア向けで
対応を変えなければと思った秋の夜。

でも、この精神、少しでいいからこの国のカスタマーサービスに分けておくれ。
[PR]
# by lakemackenzie | 2008-05-12 22:02 | 日本再発見

初アデレード

先週末アデレードに行ってきました。
むこうでゆーったりのーんびりしたいなぁと思って、
ちょっと楽な交通手段を夢見ていたけれど、あっけなく却下され、車で・・・。

ただでさえ遠いのに、
「地下水スペシャリストとして外せないのだぁ~ (注:Blue Lakeではその名も帯水層ツアーというマニアックなツアーが催行されているらしい)」というHiroの一声で、
これまた物好きにもシーズンがやや過ぎてしまったBlue Lakeを見ていくため、
Hamilton、Mt. Gambier経由のSAコーストライン満喫長々コースとをたどることに。

天気が悪かったのとANZAC Dayのためゴーストタウン化した町が多かったため、
あまり見所もなく、

a0055479_10521571.jpg ちょっと青めの貯水池にしか見えないBlue Lakeを10分ほど愛で・・・






a0055479_10531054.jpg Kingstone名物でかでかロブスターの前で記念撮影をし・・・・






a0055479_10585476.jpg
綺麗な夕日を眺めながら・・・・






推定1,000kmの距離をほぼノンストップでかっ飛ばした。
KingstonからMurry Bridgeのあたりでは、
さすがに疲れてきて気が変になりそうになったけれど。

そしてたどり着いた先で迎えてくれたのはお友達夫婦の暖かいもてなし。
夕食に出してくれたヤムウンセンとグリーンカレーが胃と心にしみました。

アデレードは緑が多くて、old days Brisbaneという感じで、
私にとっては住むのには心地よいサイズ。
都会が好きな人には物足りないかもしれないけれど。
メルボルンよりもずっとオーストラリアらしい感じがする街だった。
SA名産という石を使った家並みもかわいかったし。

天気は雨が降ったり晴れたりの繰り返しだったので、
ビーチやキャンプなどには残念ながらいけず、
ワイナリーめぐりを中心に。

a0055479_1135978.jpg 予期せず紅葉の綺麗なワイナリーベストシーズンに来たようだ。








a0055479_1134075.jpg ワイナリーは、バロッサバレーとマクラレンベールに。
SAのワイナリーは、街からの距離が近く、とても生活に身近な感じ。






有名なワイナリーがごろごろあって、ちょっと興奮。
ちょっと芸能人にあったような気分?
そして、Gemtreeという小さいけれどとても美味しいワインを造っているワイナリーにめぐり合い、人生初めてのワイン大人買い=箱買い(ただしお友達夫婦の分も含めなのでまだまだ半人前?)をしてしまった。うーん、満足。


移住してきてからは初の2人での州境越え旅行。
お友達夫婦のおかげもあり、なかなか充実したたびになりました。ありがとう!
(でも次は飛行機で連れて行って~!)
[PR]
# by lakemackenzie | 2008-05-04 11:15 | オーストラリア旅行

ちょっと達成感

1月からやっていた大きなプロジェクトの山場を越えた。

クライアントの都合でスケジュール大幅短縮。
おまけにやっかいな事情が絡んできて、
最初の予算の倍ぐらいにまで仕事の範囲が膨らんだ。

プロジェクトメンバーのMさんに言われた。
「オレは6年この会社にいるけど、こんなにきついプロジェクトはなかった。
アンラッキーだったね。」って。

確かにしんどかった。
最初の一ヶ月は、つらくて本気で泣いた。
一歩会社を出ると、仕事のことなんてすっかり忘れられる自身があった自分が、
こんなに仕事の夢を見るなんて思わなかった。

だけど、だけど、むしろラッキーだった気がする(今だから言えるけど)。

通常のプロジェクト以上に蜜なコミュニケーションが必要だったから、
怖かった外部とのミーティングや電話会議があまり怖くなくなった。
かなりディープな案件をやりとげたってことで、
こっちでもプロジェクトマネジメントをやっていける自信が出来てきた。
通常だったらPMは知らなくてもいいことまで首を突っ込まなくちゃならなかったから、
専門的な知識も増やすチャンスがもらえた。

きっとこのディープエンドにほおりこまれることがなかったら、
これだけのことを経験するのにもっと時間がかかっただろうから、
短時間で詰め込めたのはきっと自分の財産だ。

そして一番の勉強になったのは、人とのコミュニケーション。
プロジェクトメンバーには、すぐに拗ねる新卒君もいれば、
期限は絶対に守ってくれない大ベテランおじさんもいた。
プロジェクトマネージャーといえば聞こえはいいけれど、
クライアントとメンバーの両方から無理難題を押し付けられる調整役。
単一民族で、期限は絶対という暗黙の了解がまかり通る日本でも
つらいことは沢山あったけれど、
ここは多民族国家、多種多様な主義主張。

無理難題を押し付けるクライアントの要望を時には押し戻し、時には受け入れ、
メンバーを説得し、ある日はなだめすかし、時には持ち上げ、時には断固と譲らず。

そしてなんとか山を越えた。

メンバーには本当に感謝の気持ちがこみ上げてきた。
外国からやってきた、英語がつたなくて不慣れなPMにあれやこれやといわれ、
文句もあっただろう。
皆、理不尽なクライアントの要求に、やる気もそがれただろう。
でも、最後までちゃんとやりとげてくれた。
自分が不出来な分、メンバーのありがたみがとても身にしみた。

そして、思いがけないおまけまでついてきた。
先日会社から、感謝レターなるもの+ちょっとしたオマケをもらった。
上がそんなに見ているとは思っていなかったので(失礼!)ちょっと感激した。
こんなにしんどいのはもうごめんだと思っていたのに
あっさりとまた頑張ろうと思ってしまった、単純な私。
[PR]
# by lakemackenzie | 2008-04-13 16:45 | メルボルン生活

キャンプのすすめ

今月上旬、テントを買った。
メルボルンきてからは、前回の冬にお友達のご家族に
一度連れて行ってもらったきりで、まったく行っていなかったキャンプ。

1回目はHiroと二人で1泊2日、ふらりとGreat Otway国立公園へ。
予約もなく行ったので、最初のサイトでは場所が見つからず、
近くの水道もないサイトで、ブッシュキャンプ。
ちょっと奮発してスコッチフィレットを買って、
星空の下、キャンドルライトでワイン飲みながらステーキをもぐもぐ。
真っ暗な闇の中、ふと空を見上げるとミルキーウェイがきれいだった。

2回目はEasterにお友達夫婦と、シャワーもあるLake Elidon国立公園のサイトへ。
サイト自体はちょっと混んでいてワイルド感はなかったものの、
2泊以上になるとシャワーがあることはありがたい。
人数増えるとまた別の楽しみあり。
魚釣りは何の収穫もなかったけれど、
キャンプファイヤたいて、ゲームしたり、語り合ったり、
最高に楽しく贅沢なひと時が過ごせた。

残念だったのが、この国立公園、湖付近にかなりのビンゴミがあったこと。
少しは拾ったけれど、きりがない。
こんなにゴミの多い国立公園は初めてだったので、ちょっとショック。

最近ちょっと仕事でお疲れの我が身。
大自然の中に置いて、しばしの充電。
やっぱりこういうゆったりした時間を気軽に楽しめるのがオーストラリアのいいところ。
普段はバタバタした生活の中で、オーストラリアにいることを忘れがちだけど、
こういう時間を過ごすと、「あー、本当にここにいれて幸せ」と体が感じる。

キャンプのすすめ。

キャンプというと、いつも思い出すのが、大学の頃に行ったStateForestでのキャンプ。
冬の試験が終わったその日に、なんとなく行くことが決まり、
10人ぐらいで近くのStateForestへ出発。
何もない森の真ん中にサイトらしきものがあって、
明かりもなく、真っ暗中で、ちょっと怖かった。

テントも持ってこず、ふとんマットレスだけを地面に敷いて寝る人もいて驚いた。
暗闇でこのマットにつまずき、「何コレ?」と言った私に、
「きみはふとんマットレスを知らないのか?」と言ったS君。
「いえ、知っていますがね。日本では布団とはたたみの上に敷いてある物で、
決して地面には敷かれていないのよ」、とはいえなかった若かりし日。
マシュマロ小枝に刺してキャンプファイヤで炙ることを学んだのもこの日。
青春だったなぁ~。

私のキャンプの歴史はまだまださかのぼる。
思いかえせば物後心ついたぐらいから、毎年夏は仲良し3家族で、
海と山へキャンプに行くのが恒例だった。
ここがキャンプ好きの原点か?

おまけに結婚した相手もキャンプ好き。
よかった、この点が一緒で。
[PR]
# by lakemackenzie | 2008-03-26 20:24 | メルボルン生活

移住2年目突入

気がつけば、移住して1年が経ちました。
いろいろな人にお世話になりながら1歩1歩前進でき、
メルボルンでの生活が二人中で定着してきた気がします。

ドキドキわくわく(時々ドッキンドッキン)だった1年目とは違い、
2年目に突入した今、ここでの生活が『現実』となってきました。
日本にいたときと同じようなことで悩んでいたり、
気を抜くとマンネリ化してしまいそうにもなります。
これをどうやってフレッシュに保っていくか?が今の課題です。

それでもまだまだ「祖国と同じようにできる」というレベルには
達していないことも沢山あります。
仕事もしかり、一般常識もしかり、ネットワークもしかり。
少しずつでも前進していけるよう、頑張るぞ。

この1年間に気がついたこと:
1.乙女心とメルボルンの天気・・・予測するの止めました。
2.メルボルンは水着要らず・・・常夏のイメージ、崩れました。次回の夏はもうちょっと暑くなるとよいなぁ。
3.オーストラリアはもう安くない・・・景気はよいほうがよいけれど、インフレはつらい。まさか日本の方が家がaffordableだとは思いもしませんでした。
4.日本のサラリーマンだった自分達は、アフターファイブ(セブン?)の使い方が下手・・・今年はもちょっと有効に活用できるといいなぁ。
5.オージーにも方言・・・200年ちょっとの歴史ですが、すでに地域によってアクセントが微妙に違うことに気がつきました。

この1年のオーストラリア5大ニュース(勝手に選定):
1.政権交代・・・10年以上続いたハワードさんが破れ、ケビンさんが首相に。
2.Stolen Generationへの謝罪・・・この瞬間が目撃できてよかった。
3.1ドル100円上回る・・・円を持つ新米移住者にはつらかった。
4.京都議定書批准・・・カーボンクレジットビジネス加熱中。
5.世界初 南極への航空定期便就航・・・ちょっと苦しい?反捕鯨と迷いましたが・・・。

2年目も充実したよい年になりますように。
これからもよろしくお願いします。
[PR]
# by lakemackenzie | 2008-03-11 22:13 | メルボルン生活

ああ、もう1月が。。。

新年の挨拶をしたいと思っていたのに、もう1月が終わろうとしてます。
「あけましておめでとうございます。」

日本での3週間、あっという間でした。
しかも二人とも風邪をひいてしまい、実際に動けたのは2週間もなかった気がする。

でも、やっぱり日本はいい。地元はいいですねー。なんといっても飯がうまい。
メルボルンでの食生活にもだいぶ慣れてきて、こっちの食べ物も悪くないなって
思ってたけど、やっぱり違う!食は日本やね。滞在中は今しか食べれないと
思い、ひたすら食べてた気がする。実際、5kgも太ってしまった。
普段の食生活に戻して、ブートキャンプをがんばらねばって思う。

こちらに帰ってきたら、嫁がホームシックなったらしい。
学生の頃からオーストラリアにいるくせに、なんで今頃って感じやけど、
日本いる間は大勢の家族や親戚に囲まれて生活してたんで無理もないかも。
その点、自分は全くと言っていいほど、すんなり元の生活に戻れた。
唯一のホームシックは日本食かも。めんたいこかも。
まあ、また一年がんばろうとおもいます。。

では、今年もよろしくお願いします。
[PR]
# by lakemackenzie | 2008-01-26 16:31 | メルボルン生活

年の瀬に思うこと

今年2月に移住し、はや10ヶ月。あっという間に過ぎてしまった。

日本で生活していた時も1年の月日はあっという間に過ぎてた。
でも、それは仕事ばっかりの単調な生活だからだと思ってた。
しかし、今回のオーストラリアの生活はもっと短かった気がする。
なんでだろう~。

あっという間の10ヶ月だったが、これからオーストラリアで暮らしていくにあたって
最低限、必要なことはできたと思うんで、よかった。これもひとえに、周りの皆様の
サポートがあったからだと思っています。みんな、ありがとう。

でも、全てがうまくいったわけでもなく、2008年度の課題、目標は既に山済み。

その課題、目標に取り組む前に、来週からはしばらく日本に滞在し、寿司を食いまくり、
温泉に入りまくり、酒を飲みまくる日々の予定。

年末年始で、太りすぎないように気をつけ、来年もがんばろうと思います。

来年が皆様にとっても、我々にとっても、いい年でありますように。

Merry Christmas and a Happy New Year!
[PR]
# by lakemackenzie | 2007-12-20 21:29 | メルボルン生活

Election BBQ?

「お袋の味」と聞くと何を思い浮かべるでしょう?
肉じゃが?おひたし?お味噌汁?
人によって違うけど、なんとなくそんなイメージ。

じゃあ、オーストラリアでは?
そんなことこれまで考えたこともなかったのですが、
どうやらそれはBBQらしいということにうすうす気がつき始めました。

とある「ハウスメイトが一つ屋根の下で3ヶ月ぐらい同居をする」番組を見ていたとき、
家に帰ったら何が食べたいかっていう質問に「BBQ]と言っていたのを聞いたときは、
かなりのカルチャーショックをうけました。

そしてまだ記憶に新しいメルボルンカップ。
メルボルンカップBBQなるものがあちこちで開かれているのを聞いたときも、
理由はなんであれ、BBQをやりたいんだなと感心しました。

そしてつい先日、会社の同僚のスケジュールで見つけてしまいました。
Election Day BBQ

理由は何でもありなのね・・・

オージー流BBQとの出会いがよみがえってきました。
その昔、大学の寮のパーティで、今日はBBQといわれてルンルンと行ってみたら、
お皿の代わりに食パンを1枚手渡され、そこにソーセージ一本載せられました。
日本人のイメージする炭火焼BBQとはあまりにかけ離れた、
ふにゃふにゃソーセージとこげたたまねぎさん・・・。
「え?これだけ?」

そういえば、オーストラリアでの思い出のあちこちにBBQさんがいます。

スプレー油なるものを初めてみたのも、どこかのBBQでした。
誰かの誕生日も、House Warmingも、BBQでした。
Brisbaneでの友達との最後のパーティもBBQでした。
メルボルンにきてHiroが初めに欲しいといったのもBBQでした。
会社の親睦会も、BBQ、BBQ、BBQでした。
あの時も、このときも、BBQでした。

まだこの国で数年しかくらしていない私の思い出にさえこれだけ登場するBBQ。
オージーはきっと、生まれた家庭でBBQを知り、社会にでてBBQを通じて社交を覚え、
そして家庭を持ってBBQの焼き主となることを大人の証としているに違いない!
(おおげさ?)

もちろんOZといえばBBQ、国民的人気食であることは知っていましたが
ここまで強い存在感を持った食べ物なのだということに改めて気がつきました。
でも、将来自分の子供に、「お母さんの味は?」と聞いて「BBQ!」言われたら、
ちょっと悲しいなぁ~。
[PR]
# by lakemackenzie | 2007-11-26 20:10 | メルボルン生活